大阪

近畿大学医学部堺病院

近畿大学医学部堺病院内では367人の従業員が勤務しています。地域の医療施設と共同し、より質の高い診療を進めています。近畿大学医学部堺病院内の看護師は267名、在籍しています。緊張感漂う雰囲気の中にもアットホームなナースステーション作りを進めています。

近畿大学医学部附属病院

近畿大学医学部附属病院には内科/外科/麻酔科/循環器内科/脳神経外科/救命救急センター/内分泌・代謝・糖尿病内科/心臓血管外科/歯科口腔外科/消化器内科/整形外科/高度先端総合医療センター(PET分子イメージング部)/血液内科/皮膚科/東洋医学研究所附属診療所(漢方診療科)/腎臓・膠原病内科/形成外科/救命救急部(ER部)/神経内科/泌尿器科/人工透析部/腫瘍内科/眼科/リハビリテーション部/呼吸器・アレルギー内科/耳鼻咽喉科/中央手術部・ICU部(集中治療部)/メンタルヘルス科/産婦人科/NICU部(新生児集中治療部)/小児科/放射線腫瘍科/周産期母子医療センター/小児科(心臓小児)/放射線診断科/光学医療センター(消化器内視鏡部)があります。難治性眼疾患に対する羊膜移植術/光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助/内視鏡的大腸粘膜下層剥離術/パクリタキセル静脈内投与、カルボプラチン静脈内投与及びベバシズマブ静脈内投与の併用療法(これらを三週間に一回投与するものに限る。)並びにベバシズマブ静脈内投与(三週間に一回投与するものに限る。)による維持療法再発卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん/パクリタキセル腹腔内反復投与療法胃切除後の進行性胃がん(腹膜に転移しているもの、腹腔洗浄細胞診が陽性であるもの又はステージII若しくはIIIであって肉眼型分類が3型(長径が八センチメートル以上のものに限る。)若しくは4型であるものに限る。)を取り扱っています。看護師は先進医療に関する知識向上にも役に立ちます。

関西医科大学総合医療センター(旧関西医科大学附属滝井病院)

関西医科大学総合医療センター(旧関西医科大学附属滝井病院)の住所は、大阪府守口市文園町10番15号となります。周辺住民へ信用される看護を目指します。日本医療機能評価機構からの医療評価を受けていません。毎日、治療の質の向上を考え、全ての職員が質を上げた医療を目指しています。看護部は2交替を採用しています。看護師が活躍しやすい体制作りにあたっています。

関西医科大学附属枚方病院

関西医科大学附属枚方病院は、地域の方に頼られる医療施設を心がけています。近接性を重視した治療を行っています。看護部では、患者を1番に置いた固定チームナーシングを採用しています。看護体系7:1の下でナースは動いています。効率の良いクオリティの高い医療を実施しています。人工括約筋を用いた尿失禁手術/経皮的肺がんラジオ波焼灼療法 原発性又は転移性肺がん(切除が困難なものに限る。)/経皮的腎がんラジオ波焼灼療法 原発性又は転移性腎がん(切除が困難なものに限る。)CT透視ガイド下経皮的骨腫瘍ラジオ波焼灼療法 転移性骨腫瘍(既存の治療法により制御不良なものに限る。)又は類骨腫(診断が確定したものに限る。)などの先進医療を行っており、職員や施設面の整備に対しても重きを置いています。

大阪医科大学附属病院

大阪医科大学附属病院は、大阪府高槻市大学町2番7号に設けられています。看護部では、看護師838名就労しており、画一的な2交替/3交替制で看護業務を実施しています。

大阪市立大学医学部附属病院

大阪市立大学医学部附属病院には、1003床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。ベッド数が1003床設置されており、治療を求める患者の精神的なサポートも大事にしています。骨髄細胞移植による血管新生療法/内視鏡的大腸粘膜下層剥離術/経頸静脈肝内門脈大循環短絡術/多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術/超音波骨折治療法/化学療法に伴うカフェイン併用療法/末梢血単核球移植による血管再生治療/経皮的肺がんラジオ波焼灼療法/フェニルケトン尿症の遺伝子診断/経皮的腎がんラジオ波焼灼療法/培養細胞によるライソゾーム病の診断/CT透視ガイド下経皮的骨腫瘍ラジオ波焼灼療法/マイクロ波子宮内膜アブレーションを行っています。困難な治療には重要な医療を担います。大阪市立大学医学部附属病院の看護師は約900名、在籍しており、気を張った雰囲気の中にもアットホームなナースステーション作りを進めています。

大阪大学医学部附属病院

大阪大学医学部附属病院には内科/精神科/神経科/神経内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/呼吸器外科/心臓血管外科/小児外科/皮膚科/泌尿器科/産科/婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/放射線科/麻酔科が設けられており、地域に根ざした医療に勤しんでいます。1日に入院する患者は920名あり、入院患者に対し、看護師の性格を生かした看護を行っています。看護部は、多くの病院が導入している受け持ち制の看護方式を採用しており、患者との丁寧な会話を大事にした看護を心がけています。