広島

広島大学病院

広島大学病院内において2313名医師、看護師などの医療従事者が働いています。周辺の病院と連携を取り、一層良い診療を実施しています。インプラント義歯/悪性高熱症診断法(スキンドファイバー法)/骨髄細胞移植による血管新生療法/難治性眼疾患に対する羊膜移植術/超音波骨折治療法/自己腫瘍・組織及び樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法/(他の保険医療機関に対して検体の採取以外の業務を委託して実施する保険医療機関)先天性難聴の遺伝子診断/歯科用CAD・CAMシステムを用いたハイブリッドレジンによる歯冠補綴/内視鏡的大腸粘膜下層剥離術/パクリタキセル静脈内投与、カルボプラチン静脈内投与及びベバシズマブ静脈内投与の併用療法(これらを三週間に一回投与するものに限る。)並びにベバシズマブ静脈内投与(三週間に一回投与するものに限る。)による維持療法、再発卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がんを進めています。看護師は最先端医療の勉強にもつながるでしょう。看護師は3交替で勤務しており、子育てとナースの仕事の両立を考慮して、看護師同士の協力も忘れません。